la vie en ROSE
薔薇の蕾をつむのならいま

時の流れはいと速ければ

きょう咲きほこるこの薔薇も 

あすには枯れるものなれば



「DEAD POETS SOCIETY」
ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
monoclip!
LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Apple of our eye りんごの子守唄(白盤)
Apple of our eye りんごの子守唄(白盤) (JUGEMレビュー »)
オムニバス,蔡忠浩+アン・サリー,曽我部恵一+小池光子,蔡忠浩,アン・サリー+細野晴臣,ハナレグミ+原田郁子,千葉はな+蔡忠浩,小池光子+細野晴臣,YO-KING+土岐麻子,おおはた雄一+永山マキ,土岐麻子+おおはた雄一
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
おとぎ話の忘れ物
おとぎ話の忘れ物 (JUGEMレビュー »)
小川 洋子,樋上 公実子
RECOMMEND
空中スキップ
空中スキップ (JUGEMレビュー »)
ジュディ・バドニッツ
ARCHIVES
PROFILE
RECENT TRACKBACK
OTHERS


12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | スポンサードリンク |
オドロキ
驚くほど何度も、生きていると波があるんだなと。
今は谷底。
また自然に幸せを感じたり、また悲しくて消えたくなったりするんだろうか?

毎回、もう終わりなんじゃないかと思う。
もう浮き上がれないかも?
もう笑えないかも?
もう幸せなんかなれなくて、終わりなんじゃと思う。

でも今は逃げられない。
生きるとこからも、この状況からも。
ただじっと耐えてみる。
手首に、血管が浮き出て、それをぎゅっと握りしめる。
落ち着くように。
冷たい金属で引き裂きたくなる衝動を押さえつける。
きっと後悔する。
もっとあの子といたかったって、思うに決まってる。

だから今は逃げない。

| - | comments(0) | - | chihaya |
修行かな
仕事は今は本当にキツイしツライ
でも放り出したくはない。

ツライのは当たり前で
修行なんだと思ってみる。

自分が強くなるための
変わるための修行。

だから我慢も大事。
耐えなきゃ。
| - | comments(0) | - | chihaya |
大きくなりたい
__.JPG
もうすぐ誕生日を迎えるけど
自分の幼さに、ほとほと嫌になることがあり、もっともっとしっかりしなきゃと思いました。


| - | comments(0) | - | chihaya |
赤い毛布
私がツラくて、耐えられず電話していた時、
娘がお気に入りの赤い毛布を、私の背中にかけてくれた。
ニコニコ笑って、それから、プーさんとミッフィーにもかけてあげた。

優しいのだなと
頑固だけど

こんな母でも、いなくなったらこの子は泣いてしまうんだろうかと
それはしたくないなと思いました。
| - | comments(0) | - | chihaya |
鍵を
誰かを好きな気持ちも
箱にいれて鍵をかけられたら、
また明日も笑えるのに。

そう思って、またブログに書いてみた。
どうなるか分からないけど、少しは自分の頭が冷やせたらいい。
| - | comments(0) | - | chihaya |
はじめの
100722_1247~01.jpg
昨日、ヨタヨタっと2歩くらい歩いた娘が
今朝は3歩
夜には5歩あるけるようになりました。

この一歩は小さいけれど…
そんな言葉すら頭に浮かぶ。
子どもの成長の早さに驚嘆です!
| - | comments(1) | - | chihaya |
コロコロ
昔は政治家ってズル賢いっていうイメージでした。
今は賢いが落ちて…るイメージ。

多少ズルいくらいでもOK だから
騙されてるって気付かせないくらいに巧みに
政を動かせる賢い人が政治をやって欲しいです。
しかし残念
ずっと自民党でやってきたことの大掃除なんだから、もうちょっと長い目でみたらいいのにって思うんだけど。
もちろん沖縄の人が怒るのは無理ないだろうけど…それにしても
首相と同じくらい「民意」ってやつがコロコロ変る。
TVインタビューで文句言ってる人達って、じゃあ誰にどうしてもらいたいっていう考えがあるのかな?本当に状況理解して言ってるのかな?

個人的には、もうちょっと長く頑張ってくれないと、批判も何もまだ成し遂げてないと思うんだけど…

| - | comments(0) | - | chihaya |
普段の道
SN3F016100010001.jpg
何百回と歩いたか分からない場所だけど
いまだに「うわぁーー」 と感じ入ってしまう風景に逢うことがある。

たいしたことではないんだけど、ものすごく嬉しくなる。

惜しむらくは
私にはその美しさを表現するカメラの腕前もカメラもないことだ。

そのうち娘とスケッチにこれたらいいなと、ちょっと期待している。
| - | comments(0) | - | chihaya |
庭師
100531_1433~0100020001.jpg
イギリスに行っている友人の写真を見たら
写真だけでも、遠くにいるんだなぁと分かり
何だか寂しいような、自由に動けない自分の体が重たいような気持ちになった。
もちろん、いま子どもと過ごす時間は、かけがえのない貴重な時間だと分かっているし、充分幸せだと思う。

でも、どこか自分は自分、子どもは子どもっていう部分もあると思う。


まだまだ親離れ子離れは早いけど、もうすぐ一歳の誕生日を迎えます。


日常
最近草むしりを始めたつもりが、いつの間にか敷石を敷き直したり、土を運んだり、何だか庭師になってきた…
広さだけはあるので終わりが見えない。
| - | comments(0) | - | chihaya |
もふもふ
文音さんは赤いフリースのブランケットに執着する
何処にあっても、ちょっとでも見えたら、ものすごい勢いで抱きついてスリスリほおずり。
洗濯物の中からも発掘してくる。
私が勝手に「もふもふ」と命名。文音さんには通じているようだ。
私も昔はお気に入りの毛布があると落ち着いたし、あれって何なんだろう?
いつまでもつか分からないけど、夏場も離さないんだろうか…
| - | comments(0) | - | chihaya |