la vie en ROSE
薔薇の蕾をつむのならいま

時の流れはいと速ければ

きょう咲きほこるこの薔薇も 

あすには枯れるものなれば



「DEAD POETS SOCIETY」
ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
monoclip!
LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Apple of our eye りんごの子守唄(白盤)
Apple of our eye りんごの子守唄(白盤) (JUGEMレビュー »)
オムニバス,蔡忠浩+アン・サリー,曽我部恵一+小池光子,蔡忠浩,アン・サリー+細野晴臣,ハナレグミ+原田郁子,千葉はな+蔡忠浩,小池光子+細野晴臣,YO-KING+土岐麻子,おおはた雄一+永山マキ,土岐麻子+おおはた雄一
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
おとぎ話の忘れ物
おとぎ話の忘れ物 (JUGEMレビュー »)
小川 洋子,樋上 公実子
RECOMMEND
空中スキップ
空中スキップ (JUGEMレビュー »)
ジュディ・バドニッツ
ARCHIVES
PROFILE
RECENT TRACKBACK
OTHERS


09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | スポンサードリンク |
嵐の前に 
070809_1838~0002.jpg
最近は神鳴りか多い
夏の夕立がすきで
あり得ないような妖しい雲色、
妖しいざわめきにワクワクするのは子供の頃から変わらない

でも光るだけでなかなか降らないので蒸し暑いだけの日が過ぎる
まだ夜は冷房は要らないのが救いだけど

水田は黄みがかり
農家は穂を守るために案山子やらキラキラ光るテープやら
対カラス戦が始まった。

先日友人が案山子を見たことがないと言うので驚いた
「オズの魔法使いでしか見たことないよ」
って物語かー・・・!
そうか、今の時代そんなに現実味のないものなのかな。


そういえば四季の「WICKED(ウィキッド)」が見てみたいなぁと思っている。


話は飛びますが


「オズの魔法使い」のテーマ曲
「♪Over the Rainbow」は私の大好きな曲

中でも数年前亡くなったハワイの歌手
イズラエル・カマカヴィウォオレの唄う歌「Somewhere Over the Rainbow/What a Wonderful World」(ブラッドピット主演の映画「ジョーブラックによろしく」エンディングテーマ)虹もかかりそうに深く響く。

因に私はこれがキッカケでハワイアン音楽、ウクレレのそれまでのイメージが(苦手だった)無くなりましたね・・・
素晴らしい歌声、素晴らしい演奏、
ジャケットがちょっと微妙だが
中身は本物。
”この巨体には愛が詰まっている”って
そう思ってしまった素敵な音楽。

通年聞ける名曲集だが、やはり夏は特にいいんじゃないでしょうか
ドライブのお供に最適♪
フェイシング・フューチャー
FACING FUTURE
イズラエル・カマカヴィヴォオレ
| 音楽 | comments(0) | - | chihaya |
『魔笛』ー夜の女王のアリアー


14日から映画『魔笛』が公開です。
載せようと思ってたんだけど間に合わなかった・・・
特にモツァルト好きではないんだけど
「♪夜の女王のアリア」は私のオペラへの偏見を払い除けてくれた大好きな曲なので
いつかオペラで観に行きたいと思っていたら丁度映画化。
映画の方は新宿Takashimayaテアトルタイムズスクエアと、日比谷シャンテシネで公開。

you-tubeから(そういえば日本語版出来たんですよね・・・ちょっと見にくい気がするが)上の動画は中盤からがアリア。夜の女王はダムラウ。
その迫力だけでも見応えはあるかなり好きな夜の女王です。
sumi joも結構好きなんですが・・・



この、もはや同じヒトとは思えない超高音ソプラノ
車の中で聴いた際には、そりゃ窓ガラスも割れるわと本気で思いました。
こんなに歌えたら気持ちいいだろうね。


★返信
>若葉さん
スッキリして頂けたようで何よりです♪
子ガモ、是非撮れたらコチラに載せたいと思います。

子ガモの刷り込みって・・・「動物のお医者さん」を思い出したのは私だけだろうか?

>みゆきちゃん

見たよ見たよ!しかも会社で休憩中に見たからかなりヤバかったよ
私を笑い死にさせる気ですか!?
口語でも文語でも同じテンションで語れるのが素晴らしいね!声が聞こえてきたもん。
今後も楽しみにしております♪
| 音楽 | comments(0) | - | chihaya |
♪『Introducing』
イントロデューシング
Introducing
ミリー・ヴァーノン


HMV レビュー

向田邦子の愛聴盤として紹介され、TVで放映され一躍脚光を浴びた「Storville Records」の中でも最もマニアックといっていい地味な女性ヴォーカル。
しかし、向田氏が牽き付けられたように、ルビー・ブラフやジミー・レニーが奏でる伴奏に乗った歌には独特の物悲しさと心の奥深き沁み込んで来る深さがある。
1983年に『Old Shoes』(audiiophile)1986年に日本制作『Over the Rainbow』(Sony Music)を残している。


ネットで頼んだ方が早いかな
最近jazzは買っていなかったのですが久々に欲しいと思った一枚。
| 音楽 | comments(0) | - | chihaya |
『Just Beside You』
ジャスト・ビサイド・ユー
Just Beside you
鈴木重子

先日コンサートに行って来た鈴木重子さんのCD
オリジナルの曲も有名なものばかりだけど、jazzになるとまた良い・・
元々は母が好きなシンガーなのでワタシはまだ余り知らないのだけど
東大法学部を卒業後、在学中バイトで始めたjazzの道へ進んだと言う
珍しい経歴を持つ彼女。
しっかり大地を踏みしめる様な歌い方が好きです。
| 音楽 | comments(0) | - | chihaya |
『愛の記憶、愛の年代記、そして愛の告白』MARISA MONTE
ー♪わたしに言わせて あなたを愛すと

わたしに思わせて あなたのことを

それがわたしを癒してくれる 魂を安らかにしてくれる

それが私の生きるのを助けてくれるー



アモール、アイ・ラヴ・ユー
AMOR I LOVE YOU
マリーザ・モンチ

オリジナルタイトルは「メモーリアス、クロニカス・イ・デクララサォンイス・ヂ・アモール」(愛の記憶、愛の年代記、そして愛の告白)と、とても長いのです。
もう随分前に買ったCDだけど
今聞く方が身にしみるかな。
やっと!(笑

#1AMOR I LOVE YOU(アモール・アイ・ラブ・ユー)に始まるこのCDは
重たくは無いけど純粋、ストレートで自然体。
ブアジリアン・ミュージックに慣れないヒトでも関係なく楽しめると思う。
それにしても写真を見るとこの人は本当に可愛くておしゃれだ。
女である事を 楽しむのがうまい・・・♪

そしてワタシも 誰かを好きでいられる 自分がいいな

今は分かります。

| 音楽 | comments(0) | - | chihaya |
NEW YERA CONCERT♪02


鈴木重子さんはJAZZシンガー 
鈴木憲子さんはオペラ歌手としてミラノ在住の方。
”「2人は姉妹ですか?」と間違われますが性格は正反対なんですよ〜”
と独特のおっとりムードで重子さんが話していました。
ジャンルの違う2人が一緒にコンサートをやるきっかけになったのが
名番組「題名の無い音楽会」での偶然の共演。
最後にビートルズの”GOOD NIGHT"を唄ったところ、唄いながら二人とも驚くほど
新しいモノに出会った気がしたんだそうです。
1+1=2じゃない効果が得られたって。
実際は単独での唄あり、饗宴ありで
最後はその”GOOD NIGHT”を唄ってくれたのですが
ワタシは”The Rose”
「ポカホンタス」の主題歌"color of the wind"が好きでしたね。
ディズニーに特にハマることの無いワタシが
一番好きなディズニー映画です。
| 音楽 | comments(1) | - | chihaya |
NEW YEAR CONCERT♪01


今日は休日にもかかわらず仕事とプライベートとバタバタと('▽';
まず歯医者に行って、三本目のオヤシラズを抜く。
今回は上の歯なのでラクチンでしたが、取れるときの

”ゴリゴリ・・ミシッ!”

っていう音が鳥肌ものでしたw

終わったら仕事に直行。
丁度午後の始業時間に間に合い
山のように積み重なった私の仕事を見て一瞬ひきながらも
何とか週明けにはギリギリ間に合うかというところまでで四時間の就業終了!
休出だから残業は無し。
今度は母と約束してあった「鈴木重子&鈴木憲子」さんのnew year concertに直行。

今朝がた母が
「前から四列目なの〜♪多分ヒト少ないのね」
っておっしゃっていたので
「じゃあワタシも行くから、先に行くなら券買っておいてー」
ってことで急遽決定。
だって重子さんのjazzは結構ワタシも好きなのだ。
そんなこんなで
丁度PM5:30夕暮れ時の開場に間に合い
おばさまオジサマの続々と集まるのを目にしながら
久々に(多分成人式ぶり)地元のホールに行って参りました。
| 音楽 | comments(0) | - | chihaya |
♪Rufus Wainwright
ウォント・ワン
WANT one
ウォント・トゥー
WANT two

ルーファス・ウェインライト


最近また聞き返してるけど
この人の声は天鵞絨だよ。

twoのジャケットもルーファス本人って知ったときは驚いた。
好き嫌いが分かれる唄いっぷりだけど
ハマればこれ以上ないほど気持ちの良い歌声です。
Queenがpopになったらこんな感じかな?

| 音楽 | comments(0) | - | chihaya |
♪『zoo』ECHOES
ZOO
『ZOO』
ECHOES,辻仁成

暫くPCからは更新しないつもりでいたんですが
コメントくださった紅玉さんに返信を含めながら
懐かしい曲と本の紹介。
紅玉さんが『サヨナライツカ』を読まれているということで、ほんとう嬉しい驚きでした!
詩の解釈を人に語ることは出来ないけど
”この詩は優しいな”
というのが始めから今も変わらない印象です。

辻仁成さんと言えば、先日紅玉さんのサイトに『zoo』のことをちょこっと書いた後だったのですがその作曲者も辻仁成さん。
作家、歌手、映画監督の顔を持つ方ですが、歌手・映画活動では(ツジジンセイ)、作家のときは(ツジヒトナリ)
歌手としてはバンド”ECHOES(エコーズ)”のVoとして活動。その中でも『zoo』(1998’)はワタシの大好きな曲です。
文字は苦手ということだったので、機会があれば音楽の方も是非聴いてみて下さい♪

因に本の方だと『海峡の光』もオススメ('▽'*)
これは第116回芥川賞受賞作品ですね。
舞台が北海道(塀の中だけど)とうこともありますが、読んでいた時のイメージに冬の季節、冬の光に良く合う。
海峡の光
『海峡の光』
辻 仁成


あっ、そういえばワタクシ先日歳を一つ数えまして・・・
だからって何か変わる訳じゃないけど
”イツカ”がまだ有るってことはスゴイじゃないか!
祝って下さった皆様に感謝☆
| 音楽 | comments(0) | - | chihaya |
♪『噂』-Fleetwood Mac-
噂
『RUMOURS』噂


私の生前のアルバムだけど
この曲は麻薬的にクセになります。
Fleetwoos Mac
これほどまでにメンバーチェンジが激しかったバンドも無いと言われたヒトタチ。
メンバーチェンジに寄って60’はブルースロック。70’にはポップロックバンドとして頂点を極めた珍しいバンド。
その後半の音楽はファンタスティックロック、”夢のような音楽”と言われる。

(*経過は余りにややこしいのでここでは詳しくは書きません。
詳しく知りたい方はコチラで
>>公式HP(英)http://www.fleetwoodmac.com/splash.php
>>http://ja.wikipedia.org/wiki/フリートウッド・マック

その最大ヒットアルバム『噂』(1977)。全米チャート31週No.1、全世界売り上げ3000万枚。そして今も尚売れ続けている。

出だしからpopなメロディーに歌詞は全く反対にダーク。
どうもアルバム制作時にメンバーがまさに破局まっただ中その緊張感の中で愛のトラブルを唄ったアルバムのレコーディングをしたんだそうです。
でもちょっとrockな救いがあって。
休日に良く合う一枚。

★リンク一件追加
以前からお邪魔していたほりさんのblog

「kobato」http://holly480.jugem.jp/
この方の描く絵がとても気になる。
ワタシは絵を書くことは好きでも職人を選びましたが、そのぶんほりさんの描く絵に惹かれるのかもしれませんー。
了解して下さったほりさん、有り難うございました('▽'*)
| 音楽 | comments(0) | - | chihaya |