la vie en ROSE
薔薇の蕾をつむのならいま

時の流れはいと速ければ

きょう咲きほこるこの薔薇も 

あすには枯れるものなれば



「DEAD POETS SOCIETY」
ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
monoclip!
LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Apple of our eye りんごの子守唄(白盤)
Apple of our eye りんごの子守唄(白盤) (JUGEMレビュー »)
オムニバス,蔡忠浩+アン・サリー,曽我部恵一+小池光子,蔡忠浩,アン・サリー+細野晴臣,ハナレグミ+原田郁子,千葉はな+蔡忠浩,小池光子+細野晴臣,YO-KING+土岐麻子,おおはた雄一+永山マキ,土岐麻子+おおはた雄一
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
おとぎ話の忘れ物
おとぎ話の忘れ物 (JUGEMレビュー »)
小川 洋子,樋上 公実子
RECOMMEND
空中スキップ
空中スキップ (JUGEMレビュー »)
ジュディ・バドニッツ
ARCHIVES
PROFILE
RECENT TRACKBACK
OTHERS


11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | スポンサードリンク |
『Conversations』
評価:
ガブリエル・セヴィン
松竹ホームビデオ

 
DVDの予告編を観て、大好きなカーラ・ブルーニの曲が掛かったので気になってみたら面白そうだったのでレンタルした映画。

<あらすじ>

とあるパーティで、ぎこちない会話を始めた男女。果たして彼らの関係は…?!

「男はズルいロマンチスト、女は罪なリアリスト」

マンハッタンのクラシカルなホテルのバンケット・ルーム。そこで開かれたウェディング・パーティで、少し場違いな雰囲気を漂わせ、退屈そうにしてい る彼女。おもむろに席を立ち、タバコの吸える場所を探し始めた彼女をじっと見つめる彼。やっとホールの隅に居場所を見つけた彼女に、彼が近付く。「招待客 の男とワケありなの」。「聞きたいな」。「退屈な話よ」何だかくすぐったい会話で、まるで初対面のように振る舞う二人だが…。

曽々祖父は元イギリス首相という上流階級出身で、本物の気品を漂わせるヘレナ・ボナム=カーターと、『ブラック・ダリア』でブレイク中のアーロン・ エッカート共演の、大人のラブストーリー。とあるウェディング・パーティで、ぎこちない会話を始めた男女。二人には、思いもよらぬ過去の因縁があるのだ が…。画面を左右にわけた“デュアル・フレーム”で彼と彼女のクローズアップを、現在と過去を、そして現実と夢想を同時に映しだす。

 この作品の特徴は何と言っても全編”デュアル・フレーム”という左右別々に進む映像だと思う。
それがなんだーって言う人にはただのフランス恋物語になってしまうかも。。。
でも、実際ただ画面が2つに分かれてるだけじゃない。
「現在」と「過去」であったり「男」と「女」であったり、決して交わることのないモノのズレや距離感が2つの画面で表現されていたと思う。

時には繋がりそうな程近づくけど、一度も画面はピッタリとは繋がらない。
その隙間にあるものを余計意識させられた。

普段は自分の目線、1つの目線からしかモノゴトを観ることは出来ないのだけど、映画を通して時間からも解放された複雑な視線から二人の男女を眺める。
ストーリーの展開としては、ありふれた、とはいわないまでも特に珍しい展開だとは思わない。どきどきさせる映画ではない。
そんな「ありそうな二人の男女」の話だからこそ、言葉以上に映像で語られる時間や関係の距離感をゆったり自分の肌で感じ、楽しめる映画なんじゃないかと思う。

しかし、キャッチコピーがうまいなぁと思います。。。
二人で観るとより面白いかも。






| DVD | comments(0) | - | chihaya |
『ダージリン急行』
ダージリン急行 [DVD]
ダージリン急行 監督:ウェス・アンダーソン


更新していない間もチョコチョコDVDを観ていた。
忘れてしまったものもあるけど、印象深かったモノだけでも少しずつ感想を載せておきたい。


ロードムービーが観たくて借りて来たものが2本
うち1本が『ダージリン急行』

インドを舞台にした映画と言うと、なんとなーく想像してしまった異国風味満載な香辛料の香りが漂って来るような映画かと思ったら
意外や、背景や色彩はインド、醸し出す雰囲気はヨーロッパ、
扱っているテーマは「家族」「再生」とうような重めのもののはずなのに、インドを舞台にしたゆったりした時間の流れや風景、時々子供に戻ったようなやり取りをする人間味溢れる3兄弟のおかげで軽快にテンポよく進んでゆく。
まるでダージリン急行に乗った3兄弟と一緒に旅をするような感覚。
みんないつか大人になり、いつまでも子供のときと同じようにはいかない。
でも「家族」、「変わるものと変わらないもの」、「再生」を列車でのインド旅という特異な時間軸の中で珍道中を通してさり気なく描いた、美しい映像ととぼけたシャレの効いた映画でした。

余談ですが、旅には欠かせないスーツケース。
この映画の中ではかなり大量に出て来て印象的でしたが、デザインはマーク・ジェイコブスが手掛けたんだそうです。細かいところまで手抜かり無いですね。



<あらすじ>
インドを駆け抜ける列車・ダージリン急行に、長男・フランシス(オーウェン・ウィルソン)の呼びかけで、次男・ピーター(エイドリアン・ブロディ)、三男・ジャック(ジェイソン・シュワルツマン)のホイットマン3兄弟が集まった。父の死をきっかけに1年の間絶交していた彼らは、それぞれに問題を抱えていた。会えば口論し、掴み合い、いがみ合う3人。しかしこの旅には目的があった。それは行方不明になった母親を探すこと。かくして、3兄弟の心を癒すインド横断の列車の旅が始まった――。『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』の新鋭ウェス・アンダーソン監督が、インドのスピリチュアルな景色に乗せて贈る、家族の愛と絆の物語。

| DVD | comments(1) | - | chihaya |
Magic Monkey
20070122_222749.jpg
同僚の子が今日
「はぎさん、持ってきましたよ〜♪」ってニコニコ渡してくれたのが、
コレ。
堺正章主演の伝説のドラマ
「西遊記」

いや、帯にそう書いてあるだけで、私は見たことないです。
でも年末毎晩同僚の女の子は見ていて報告してくれてたのだ。
「すっごく面白いから、はぎさをも見ます!?('▽'*)」
って、またキラキラした目で聞かれたもんだから

オモシロイノネ?(゜ロ゜)

と私も引き込まれて借りる約束してた…のを忘れてた!っていうか、カノジョも忘れてると思ってた。

しかし、私よりずっと若いのに西遊記PREMIUM DVDを買うとは…余程好きなんだな…(゜▽゜;

『西遊記』元になったのは玄奘三蔵の『大唐西域記』だけど
それがどうして英米では

『マジック・モンキー』

になるのか!?
そのセンスは?そのココロはなんだ?

訳し方絶対おかしい・・・
| DVD | comments(1) | - | chihaya |
『ダーマ&グレッグ』
ダーマ&グレッグ シーズン1 DVD-BOX
Dharma&Gregシーズン1 DVD-BOX
ジェナ・エルフマン

懐かしいー
「ウィル&グレイス」に続いて始まったNHKの深夜海外ドラマ『ダーマ&グレッグ』
ワタシはコレ大好きだったんだよね。
ダーマのあの可愛さに惚れた。
きっとワタシはどちらかと言うとグレッグよりの人間だから。

それにしてもスタイリングが毎回素晴らしい。
高級ブランドをバンバン使いこなして人気話題になった「sex&the city」はそそらなかったが、こちらは本当にオリジナリティがあって、まねっこでないところが見ていて楽しかった。部屋の作りなんかも個性的で、こんな人達がいたら遊びにいきたくなりそう(笑

でも、実は一話を見逃しているのだ!だから絶対コレは見ないと!
| DVD | comments(0) | - | chihaya |